可逆な不可逆

画像 久々にキャプチャ環境を変更しました。それをキッカケに最近の可逆コーデックで諸々試してみたのですが相変わらず?奥が深いです。取り敢えず画像は上から Lagarith、UtVideo、Huffyuv の等倍切り出し。

 インターレースのソースをプログレッシブ化しているのですが、UtVideo だけ失敗しています。と言うか、初期値では自身でプログレッシブ化するのですが、フレームレートの調整までは行わないので 24fps ソースでは使えません。従ってインターレースオプションにチェック入れるのですが、すると片方のフレームしか処理していないようです。デコードは大変に高速なので編集途中の中間ファイルには適していますが、キャプチャには向かないようですね > UtVideo

 他は、Huffyuv は余り縮まないので従来通りある程度 HDD の速度が要求されます。Lagarith はデコードが遅いのでエンコード時のフレームレートが上がりません(x264 でゆっくりエンコードする分には余り気にならないかもですが)。中々に一長一短です。

この記事へのトラックバック

  • draft 向けジロン的な 2014/10/28

    Excerpt: 以前検証した可逆圧縮コーデックの内、画質に問題ありと指摘した UtVideo ですが、9.28 にリリースされていた 14.2.1 でグローバル設定が保存されない不具合が修正され、指摘した問題も解消さ.. Weblog: blog de ジロン racked: 2014-10-28 00:25