百の艦の物語

画像 私が実家に居た頃、ハードカバーで「日本軍艦100選」と言う本が置いてあり読み耽っていました。二次大戦頃の日本軍艦艇に対する私の知識はこの本がベースになっているのですが、近ごろ艦これが流行っていることもありこのテの情報に触れる機会も多く、久々に今の知見で読んだらどんなモンだろう? と思って古書店から取り寄せてみました(写真)。

 野沢正著、秋田書店刊で初版は1971年、実家にあったものは確か七版くらい、今回入手したものは11版(1979年)でした。収録艦艇は咸臨丸から始まって年代では松(駆逐艦)まで、収録順では大泊(砕氷艦)と言う渋いところでシメています。有名どころは大体網羅していますが、姉妹艦をまとめてネームシップだけ取り上げている例も多いです(瑞鶴の項で翔鶴に触れていたり)。何故か球磨型の代表が北上さまなのは、生き残ったことに因るんだろうなぁ...希望的観測含めた「活躍した」でくくっている文章が散見され、資料的にはさすがに厳しいですね(まだざっと斜め読んだだけですが)。ま、雪風(丹陽)が除籍されたところまでだったり、秋雲が夕雲型に分類されている(記述があるのはネームシップの夕雲のみ)のは刊行年を考えると仕方有りません。

 取り敢えず、「YUKIKAZE」表記(復員船時代)の雪風写真を再び観られたので満足です。

この記事へのトラックバック