七の友

 WiMAX ルータ AtermWM3800R を持ち出して1日目。そー言えばコレ、新製品でした。ので、簡単にインプレなど。

・nexus7 や iPod touch で Web を巡回する用途なら速度的な不満は無し。
・自宅と職場の受信感度に不満無し。
・WiMAX 通信中は意外と熱を持つ。
・消灯モードとウェイティングモードの区別が付かない。
・nexus7 はスリープ中も Wi-Fi を放さないので省電力モードに落ちない。
・充電は microUSB で行うため、外部バッテリと併用すれば連続通信時間の縛りを無視できる。
・Android Aterm WiMAX tool は SSID 変えた直後、休止モードの WM3800R を捕まえられないことがある。
・Aterm WiMAX tool を使わなくても Bluetooth でペアリングを試みれば起こせる。
・SSID は二つ持てる。

 こんなところでしょうか。一番不便だったのがディスプレイの消灯モードと通信待機のウェイティングモードの表示が同じ(電源ランプの5秒点滅)ため区別が付かず、確認のためボタンを押すと両方とも通常モードへ復帰するため調べる術がありません。気が付いたら通信しっぱなし、ってことも多々有り、つまりは休止モードを積極的に使えってことなんでしょう。その割には初期値はウェイティングモードだったりする辺り、もう少し詰めて欲しかった気も。

 とまぁ、現在は休止モードに設定し、使用後に nexus7 や iPod touch の Wi-Fi を切ることで運用しています。起こすときは Bluetooth 使えば良いので基本 WM3800R に触る必要はありません。私は PHS やら 128kbps の 3G やら使ってきましたのでモバイルでのこの速度はやはり別世界ですね。WiMAX も将来はどうなるのか今イチ見通せませんが、BIGLOBE は1年縛りなので来年考えましょう。

この記事へのトラックバック