何度目の正直

 一昨年に light より未完成状態(敢えてこう表現します)で発売された Dies irae の、新装版(「Dies irae Also sprach Zarathustra」-die Wiederkunft-)が発売されました。当初は当然完成したバージョンだろうと思ったのですが、以前の内容のまま再調整したもので、完全版や旧版を完全版同等にするアペンドディスクは今年中にリリース予定とのこと...いや、これを今(しかもフルプライスで)リリースする意味あるのかと正直思いましたが、今回ディスク自体はノンプロテクトらしいです。で終わらないところがここ数年の light らしいと言いますか...

 上で「ディスク自体」と記したのは理由があり、どうやら本作用に公開されている修正パッチを適用しようとすると、そのインストール過程でアクティベーションを試みるようなのです。修正パッチ自体がユーザ登録しないとダウンロードできない仕様なのでオンライン環境はあるとの判断なのかも知れませんが、まぁその是非はここでは置きます。問題はそのアクティベーションに失敗してゲーム本体が起動不可に陥る現象が報告されていること。現段階で問題は完全には解消しておらず、根本的には郵送によるファイルの個別配布で対応するようです。

 プロテクトや認証関係でトラブル起こすのは、いったい何度目なんだと思わなくもないのですが > light

この記事へのトラックバック