悪魔の証明

 Alpha Activation がウィルス対策ソフトに引っかかっているようです(参考リンク)。そしてその対処方法は”ユーザ側で例外指定してください”となっています。メーカはウィルスの混入はないと主張していますが、さて、それはどうやって証明するのでしょう。

 このような場合、どのメーカのどのバージョンのパターンファイルに引っかかるのか明記してくれないと、流石にこれだけのウィルス対策ソフトに検出されるようでは対応に困ってしまいます。ぶっちゃけ、あなたとノートン先生の信用度はどっちが高いのですか、ってことなんです。

 以前から書いていますけど、最近のウィルス対策ソフトが未知の攻撃に対する検疫機能を装備している以上、ウィルス的、或いはスパイウェア的挙動を示すアプリケーションは誤検知される可能性も高くなってしまいます。それを避けるためにはウィルス対策ソフト側との連携も必要になっているのですが、怠るとごらんの有様、と言うことでしょうか。尚、ウィルス的、或いはスパイウェア的な挙動を示すアプリケーションとそれを誤検出するウィルス対策ソフトのどちらの責が重いのかは棚上げします。

この記事へのトラックバック