CRT と LCD

画像 ITmedia の広告ページでナナオが CRT から LCD へディスプレイを買い換えましょう、と言った旨の主張をしています(参考リンク)。その中で同社の CRT ディスプレイと LCD ディスプレイの比較も行なっているのですが、CRT 側の対象機種が FlexScan 68T なのは何故なんだろう? との疑問も少々。大体 CRT 側の解像度も書かれていない時点でアレなのですが、取敢えず AG ピッチが 0.3mm の 68T より 0.24mm の T965 辺りで比較して欲しかったところです。

 とゆーことで拙宅の T965 を 1280*1024 で表示したときの同じような画面を置いておきますね(笑)。

 さて、そーゆー私は LCD から CRT へ回帰した口なんですが、低解像度をある程度の大画面できれいに表示したい、そんな用途にも LCD は CRT に及んでいませんし、最高級の LCD は随分と改善はしているのでしょうけど暗部階調の弱さはスペック上の数字ががどうであれ実感として存在します。と言う訳で、T965 に切替えてからは(設置場所と消費電力の問題以外)かなり幸せな表示環境なんですが、これを使い潰すころには満足のできる LCD ディスプレイが手頃な価格で出回っていることを期待したいところです。

#敢えてドット欠落には触れない方向で(笑)。

この記事へのトラックバック