デジタルレコーダの雑感

 SONY のデジタルチューナ搭載「スゴ録」がレビューされています(参考リンク)。デジタルチューナとアナログチューナのニ系統搭載しながら同時録画ができないなど、ツメが甘いと思った部分はキチンと指摘されています。

 もう一点気になったのは、
このままDVD+R/RWのDRM対応が遅れれば、日本ではソニーだけがかなり不利な立場に追い込まれるだろう。
と指摘されている部分。実は DVD-R/RW で言う CPRM が求められているのはこの国だけだと言う、大変に困った現実の方を何とかする方が健全だと思ったりします。

 もっとも、そう言った部分が無くとも結局は松下が全部持って行ってしまう(参考リンク)のかもしれませんね(笑)。

 尚、SONY、松下(ついでに東芝)の各機とも D 端子から市販 DVD-Video のアップコンバート出力を禁止しています。これは掲示板の方で指摘を頂いたんですが、アナログ HD のコンポーネント出力に対する技術的保護手段が存在しないことに起因するのだろうと言うことです。確かにその通りなんですが、ただ、アナログ HD 出力に技術的保護手段が存在しないのはそう言った需要自体が無かったからで(W-VHS が死亡して以降現段階では民生用録画機が存在しませんから)、本末転倒的な感が強いと感じます。それにしも、高々 SD ソースのアプコン出力すらアナログ HD が禁止される現状では、次世代 HD メディアでアナログコンポーネントでの HD 出力が残されるのか微妙と言わざるを得ません。それで善しとするつもりはサラサラ在りませんが...

#結局市販 DVD-Video のアナログアプコン出力が可能なのはシャープ機だけですか。

この記事へのトラックバック