VGA 解像度の液晶テレビに D4 入力は意味がある?

 バイデザインが値下げを発表した 20 型液晶テレビ(参考リンク)は 640*480 の VGA 解像度ながら D4 入力を持っています。

 結局入力に使う機器とこの液晶テレビのどちらのスケーリング処理が優れているかの比較になるんですが、この仕様を観て最初に思い出したのがS端子を装備した LD プレーヤだったりします(笑)。LD は NTSC 信号をそのままアナログ収録しているのでソース自体がコンポジットです。三次元 Y/C 分離等と言うシャレた機能を装備したプレーヤは極一部のハイエンド機以外当時在りませんでしたから、後年になるほどエントリークラスのプレーヤ側に装備されたS端子は意味を失っていきました。

 何となく、そんなノスタルジーな香りを感じ取って懐かしんだ次第です(笑)。

この記事へのトラックバック